momoのブログ

MENU
キャラクター

ピグミー

8-pygmy.jpg

「 ピグミー ( pygmy ) 」

温暖な海岸沿いの
オリーブ畑に棲む昼行性のハリネズミ。

鮮やかな緑色の針毛は、成長と共に
美しいシルバーグリーンへと変化していきます。

古くからヒトとオリーブとピグミーは共生してきました。
ピグミーの住みよい環境をつくると
オリーブ畑は繁栄すると云われています。
それは、ピグミーがオリーブの枝から枝へ移っては
せっせと傷んだ実や葉を食べてくれたり、
害虫から木々を守ってくれるからです。

また、食後には必ず木の上に集まって
日光浴をするので「ヒルネズミ」とも呼ばれています。


キャラクター

ムーン・メリノ

7-moon merino

「 ムーン・メリノ ( moon merino ) 」

空飛ぶひつじ。

モコモコの毛にたっぷり空気を入れて、空を浮いて移動します。
群れで飛んでいる姿は、まるで大きな雲のよう。
お腹がすいた時だけ地上に降りてきて草を食べます。

ふわふわと空をとぶことから、
月から来たひつじ「ムーン・メリノ」と呼ばれています。

ムーン・メリノと一緒に世界を旅する羊飼いの民族もいるようです。

満月の夜には月に帰るという古いお話も。


キャラクター

シマクマ & ミズクマ

6-simakumamizukuma.jpg

「シマクマ / ミズクマ ( simakuma / mizukuma ) 」

モモの森に生息するクマ。

生まれたばかりの頃はまだら模様。
成長するとシマ模様と水玉模様に分かれます。

世界でも希少な動物で、
生態は謎に包まれています。
空気のきれいな森にしか棲みつかず
人前にはめったに姿を現しません。


キャラクター

マルシェ

5-marche.jpg

「マルシェ ( marche ) 」

ロイヤルペンギンのオス。

元はある王国の学者でしたが、国を追われ
今はモモの森の近くで自堕落な生活をしています。

面倒くさがりの皮肉屋ですが、
根が優しく親しみやすい性格。

モモには頭が上がらず、世話を焼かれっぱなし。
古い友人のムーとは、たまに旅の道連れになります。
キィにとってはいたずらの良い標的みたい。


キャラクター

ソラ

4-sora.jpg

「ソラ ( sora ) 」

自然と音楽を愛する少年。

色々な楽器をこなしますが、
街ではトランペット吹きとして演奏をしています。

内戦の絶えない国で生まれたソラは
家族を戦争でなくし、モモの森にやってきました。

モモを姉のように、ムーを兄のように慕っています。
年の近い妹のようなキィとは、
キィのいたずらが原因でよくケンカをしているようです。

繊細で心やさしく、とてもまじめな性格です。



キャラクター

キィ

3-kii.jpg

「キィ ( kii ) 」

人の立ち入ることのない
高山のアジサイ畑で生まれた
秋色アジサイの妖精。

ちいさな体に自然のエネルギーを宿し、
天候さえも変えてしまう力を持っています。

キィの怒りや悲しみは、長い日照りや大雨となり
山のまわりの国々にたくさんの災害をもたらしました。

モモやムーと出会ったことで
キィは少しずつ穏やかな心を持ち始めます。

天性の無邪気さといたずら好きな性格で
モモの森をいつも賑やかにしてくれます。


キャラクター

ムー

2-moo.jpg

「ムー ( moo ) 」

ホーランドロップのオス。

ルポライターとして
世界中の謎を求めて旅しています。

理知的で上品なことを好み社交家ですが
少々気まぐれな性格。
のんびりしているかと思えば、ふと長い旅に出たりと
とってもマイペース。

ホーランドロップは
元々警戒心が強く保守的な一族。
そんな中で世界の謎を追い求めるムーは
異端な存在だったようです。

ムーは国を飛び出し、世界を巡り
やがてモモの森にやってきます。

ひと処にとどまらないムーにとって
モモは心の故郷のような存在になります。



キャラクター

モモ

1-momo.jpg

「モモ ( momo ) 」

momoのイメージキャラクター。

町はずれの森で花屋をしている女の子。

モモには得意なことがふたつあります。
それは素敵なブーケを束ねることと、人の話を聞くこと。

モモのもとには毎日ふしぎな客人と
花の依頼が舞い込みます。

ちょっぴり恥ずかしがり屋さんですが、とても心やさしいモモは
森の動物たちにも好かれているみたい。

いちばん好きな花は、芍薬。







このカテゴリーに該当する記事はありません。