momoのブログ

MENU
ブーケ&クラウン

クリスマスウェディング@Lago


帝塚山のイタリアンレストラン、Lagoさんで
昨日行われたウェディングパーティー。

以前から手掛たいと思っていたレストランウェディング。
今回は装花だけでなくプランニングなど全てお任せいただきました。

テーマはクリスマス!
会場選びから始まり、新郎新婦と何度もお話をして
パーティーの演出や細かなアイテムに至るまで全てがオリジナル。

アイデアがあっても、それを実現させるには
想いを同じくする仲間が必要です。
普段お世話になっている帝塚山の優れた職人達や、
その他沢山の方にご協力いただき素敵なパーティーが完成しました。

心温まるパーティーの様子を少しご紹介いたします!

P1180752-blog.jpg

P1180715-blog.jpg

P1180837-blog.jpg

P1180736-blog.jpg

P1180725-blog.jpg

P1180756-blog.jpg

P1180816-blog.jpg

P1180798-blog.jpg

P1180800-blog.jpg

P1180832-blog.jpg

P1180750-blog.jpg

P1180852-blog.jpg

ブーケ&クラウン

素敵なお写真をいただきました🎶

image4.jpg

先日前撮りをされた新婦様よりお写真が届きました。
撮影は堺の大仙公園だったそうです。
素敵なロケーションですね!

和装のブーケ・・・と言われたら、
少し小振りの手毬ブーケをお勧めします。
はっと目を引く色打掛に、ころころと手毬が揺れ動く感じが
何とも可愛らしく愛おしく思えるからです。

image1.jpg

とても聡明で美しい新婦様・・・
そして、新婦さんを見守る新郎様の優しい表情が本当に素敵です。

image5.jpg

ブーケ&クラウン

和バラの魅力

P1180491-blog-name.jpg

先日お届けしたブーケ。
淡いひよこ色のドレスに合わせて作らせていただきました。

紫系のブーケを希望される方はたくさんいらっしゃいますが
なかなか私の中でピタッとくる紫のスプレー咲きのバラがなく・・・

今回は以前から気になっていたローズファームケイジさんの
「葵」という和バラを使ってみました。
國枝さんの手掛ける和バラの魅力は、繊細でやわらかな花びら。
お花を束ねた時、主張しすぎず、かといって存在感があります。

ブーケという小さな世界の中で、お花同士が譲りあいながら
それぞれの役割を果たすことで素敵なブーケが出来るような気がします。

素敵なお花に出逢う度に、楽しみが増えていきます。

ブーケ&クラウン

手毬のブーケ

P1180488-blog-name.jpg

和装の前撮用にお作りした、手毬のボールブーケ。

聡明で穏やかな新婦様。
ブーケはあえて少し賑やかに。

新婦様も十人十色ですが、
不思議とブーケをお渡しする時は皆様同じ優しい表情をされます。
その瞬間が、いつも私を幸せな気持ちにしてくれます。



ブーケ&クラウン

秋の気配

P1180250-blog-name2.jpg

朝夕の少し肌寒い風に、秋を感じます。

秋はとっても好きな季節。
これから、美味しい食べ物や
山々の紅葉が私たちを楽しませてくれますね。

なにより、
可愛いお花たちに出会える季節がやってくると思うと
夏中待ちわびた私は心躍る想いです。

P1180248-blog-name2.jpg

新しいアトリエで、小さなブーケをパシャリ。
シンプルなホワイトとグリーン。
少し実ものを入れて。

良い感じです♪

ブーケ&クラウン

純白の和バラ

P1180071-blog-name.jpg

純白のバラは、わたぼうし。
ほんのりピンクのバラは、ひより。
幾重にも重なり合う花びらの表情が素敵です。

久々にホルダーを使ったブーケ。
シンプルなグリーンとアクセントに秋色アジサイを加えて
王道の、これぞブライダルというオーバルブーケに。

わたぼうしは、白無垢姿の花嫁さんをイメージして作られたそう。

一輪で十分際立つ純白の咲き姿は
ヘアパーツなどにもよく合いそうですね。



和バラ「わたぼうし」と「ひより」を作出する滋賀県のバラ農家

ROSE FARM KEIJI (ローズファーム ケイジ)
HP:http://www.rosefarm-keiji.net/

ブーケ&クラウン

バラと向日葵のブーケ

P1180114-blog-name.jpg

帝塚山に新しくオープンしたお店の、
店長さんへ贈るお祝いのお花。

淡黄色のバラは、「ゴットマザー」。
珍しい形の向日葵は、新種「緑の王冠」。
アジサイにミント、沢山のグリーンで香りも良いです。

素敵な店長さんの人柄をイメージしました。

きっとこれからますますお忙しくなるので、
少しでも癒されていただけると嬉しいです。

作品自体の美しさと共に
選んだ花の名前や花言葉など、意味にも想いを込められると
また伝わる力も変わってくるように思います。

P1180115-blog-name.jpg

ブーケ&クラウン

妖精たちのオーケストラ

P1180036-blog-name.jpg

和バラ「旋律」

ロゼット咲きの規則正しい花弁に
花が唄う様子をイメージして命名された「旋律」は、
とてもボリュームのある、見事な存在感のバラです。

心地よいメロディーに合わせてゆらゆらとお花が戯れだす。
そんなちょっぴり甘い、ロマンティックなブーケ。

繊細な小花と合わせることで
風に揺れる度にブーケの表情が変化していく様は
いつまでも聴いていたくなる、
妖精たちのオーケストラのようです。



和バラ「旋律」を作出する滋賀県のバラ農家

ROSE FARM KEIJI (ローズファーム ケイジ)
HP:http://www.rosefarm-keiji.net/

ブーケ&クラウン

蛍の叢

P1180056-blog-name.jpg

和バラ「りくほたる」

初めてmomoに触れる方へのブーケには必ず居て欲しい。
そんな素敵なバラ。

可愛い姿は言うまでもありませんが、
香りも爽やかで素晴らしいです。

繊細でやさしい色の柔らかな花びらは
まるで赤ちゃんに触れているようで、
束ねる私の手も自然とやさしくなります。

バラのコンセプトは、ホタルの暖かな黄色の光だそうです。

たっぷりのグリーンと合わせて、
「静かな水辺の叢を飛び交う蛍・・・」
そんなイメージに仕上げました。

緑生い茂る野山の情感が
そこに漂う淡い光に一層の暖かみと趣を感じさせてくれます。



和バラ「りくほたる」を作出する滋賀県のバラ農家

ROSE FARM KEIJI (ローズファーム ケイジ)
HP:http://www.rosefarm-keiji.net/

ブーケ&クラウン

芍薬のブーケ

P1170983-blog2-name.jpg

芍薬は私の大好きなお花。

一輪差しでも様になるし、他の花と組み合わせても素敵。
つぼみの頃から満開に咲きほこるまで、
実に多様な表情を見せてくれます。

そこはかとない品格と多面性で
主役も脇役もこなしてくれるのが芍薬のすごい所。

でも、ひとつのアレンジの中で
刻一刻と移り変わる芍薬の表情を
コントロールするのは容易ではありません。

束ねるときには一輪一輪の咲き具合をよく見極めます。
お客様が花束を受け取る瞬間に、
花が一番良い表情をしているように。
最高の瞬間が鮮明に記憶に残るように。

生きものを相手にするのは大変だけれど
そういうこだわりが、やりがいでもあります。

P1170991-blog-name2.jpg



このカテゴリーに該当する記事はありません。